90年代

【洋画】グランジ好き必見!90年代のおしゃれでロックな青春映画特集

  • Nirvana
  • soundgarden
  • sonicyouth
  • The Smashing Pumpkins

などなど…
このバンドがピンとくる方に、とっておきのおすすめ映画をご紹介します。

所謂、『グランジ』と言われるジャンルの音楽が流行っていた90年代に、先陣を切り絶大な人気を博していたバンドたちが上記です。(一部)

特にNirvanaなんか、洋楽ロック好きな方は当たり前にご存知だと思うので、こうして改めてご紹介するのすら恐縮なのですが。

そんなグランジロックは、ファッションなどのカルチャーにも当時多大なる影響を与えていました。

  • ダメージジーンズ
  • 擦り切れたネルシャツ
  • カーディガン
  • 穴の開いたスニーカー
  • ドクターマーチン

などなど…
NirvanaのボーカルだったKart Cobain(カート・コバーン)が主なお手本となっていました。

そのような音楽シーンやファッションカルチャーを背景にできた、グランジ感を存分に味わえる90年代の青春映画をご紹介します。

90年代のおしゃれでロックな青春映画

トレインスポッティング(1996)

✔見どころ

ヘロイン中毒で悪友たちと破天荒な日々を送っていた主人公トレント(ユアン・マクレガー)が、人生の選択をしていくストーリー。

言わずと知れた名作。UKの90年代を代表する作品と言ったらトレスポです!
かなりキワドイ表現や描写がわんさかなジャンキー映画ですが、汚いのにスタイリッシュで、お洒落で、みんなぶっ飛んでるけど憎めないキャラばかりなんですよね。

見終わった後には、きっとこの作品のファンになります。

出典:https://www.imdb.com/title/tt0117951/

『トレインスポッティング』を視聴する

✔見どころ

続編もあります!前作から約20年経って公開された続編ですが、本編も前作から20年後の舞台を描いています。

監督も主要キャストも前作同様、懐かしの顔ぶれです。前作のラストで大金の入ったボストンバッグを抱え、新しい人生の一歩を踏み出したレントン(ユアン・マクレガー)が、久々に故郷に帰郷するところから始まります。昔つるんでいた仲間たちは相変わらずの様子で、劇中のBGMも懐かしいラインナップ。

やっとアイツらが帰ってきた!というゾクゾク感を味わえること、間違いなし。

出典:https://www.imdb.com/title/tt2763304/?ref_=nv_sr_srsg_3

『T2 トレインスポッティング』を視聴する

17歳のカルテ(1999)

✔見どころ

ウィノナ・ライダーが、原作『思春期病棟の少女たち』に惚れ込み、映画化権を買い取って自ら主演と制作総指揮を行った作品。

自殺未遂をきっかけに精神病棟に収容された主人公のスザンナ(ウィノナ・ライダー)が、リサ(アンジェリーナ・ジョリー)との交流をきっかけに、精神病棟は自分の居場所だと思い始める。しかし彼女との対立やある行動をきっかけに、リサの深く暗い闇を感じ、自分は変わらなければ、と前に進む決意をするストーリー。

誰だって生きていると心が疲弊する時ってありますよね。大人になってもそうですが、10代の頃は自分の居場所を必死に探してもがいて苦しんで。もう20年も前の作品ですが、この作品は、そんな誰しもが抱える心の闇に微かな灯りを照らしてくれる、希望に満ちた作品です。

出典:https://www.imdb.com/title/tt0172493/?ref_=nv_sr_srsg_10

『17歳のカルテ』を視聴する

リアリティバイツ(1994)

✔見どころ

大学卒業したての男女4人の友情と恋愛模様を描いた甘酸っぱい青春映画。

この作品の見どころの一つは、なんといっても「ファッション」です。90年代のグランジファッションがまさに見れるのはこの作品。もう20年以上も前の作品なのに、未だに色褪せず、2020年の今鑑賞してもすごくお洒落でスタイリッシュに感じれるのが不思議。

あと、この作品のウィノナ・ライダーが猛烈に可愛すぎて、恐らく悶絶します。

出典:https://www.imdb.com/title/tt0110950/?ref_=nv_sr_srsg_0

『リアリティバイツ』を視聴する

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991)

✔見どころ

LA、NY、パリ、ローマ、ヘルシンキの5つの都市を舞台に、タクシードライバーと乗客の交流や人間模様を描いたオムニバス映画

同じ夜の下、それぞれの都市で繰り広げられる「日常」をゆるーく描いています。派手な演出は無いものの、タクシーの車内で繰り広げられる、何気なくたわいもない会話が妙にリアル。コーヒー片手にまったりと見るのにおすすめの1本です。

この作品でもウィノナ・ライダー出ているんですが、言わずもがな可愛いです。

出典:https://www.imdb.com/title/tt0102536/?ref_=fn_al_tt_1

『ナイト・オン・ザ・プラネット』を視聴する

エンパイア レコード(1995)

✔見どころ

大手チェーン店に買収されることになった、田舎町の老舗レコード店「エンパイア レコード」で、店の存続をかけて奮闘する店員の姿を描いている作品。

エアロスミスのボーカルであるスティーヴン・タイラーの娘、リヴ・タイラーが主演のこの作品。ゲロ可愛いです。

リアリティバイツ同様、90年代の音楽やファッションなど当時のカルチャーを随所に感じることができます。今の時代音楽も映像もストリーミング配信がメインになってきていますが、こういうレコードの時代もあったんだなぁと。さすがに私はレコード世代ではありませんが、カセットやCD、VHSやDVDの時代は生きているので、ジンとくる懐かしさを感じました。

出典:https://www.imdb.com/title/tt0112950/?ref_=nv_sr_srsg_0

『エンパイア レコード』を視聴する

シングルス(1992)

✔見どころ

グランジの聖地シアトルの独身専用アパートで暮らす若者たちの人間模様を描いたストーリー。

恋愛の駆け引き、すれ違い、わずらわしさ…
時代は違えど、自分も身に覚えのあるような恋愛のあれこれがリアルに描かれていて共感できる部分が多いです。

また、この作品はシアトルが舞台とだけあって、挿入曲やファッションのグランジロック・オルタナティヴ・ロック感が満載でかっこいい。マネしたくなります。

出典:https://www.imdb.com/title/tt0105415/?ref_=fn_al_tt_2

『シングルス』を視聴する

バッド・チューニング(1993)

✔見どころ

70年代を生きる若者たちの青春コメディ。舞台は70年代ですが、制作されたのは90年代になります。

女、ドラッグ、酒、ロック…「自由を謳歌しようぜ!」というアメリカの若者たちの人間模様を描いています。

ストーリーの時代設定は70年代なので、ファッションもブーツカットデニムや花柄シャツなどの、所謂「ヒッピースタイル」です。とはいえ、70年代のファッションの多くが90年代のファッションにも影響したと言われているらしいです。個人的にはヒッピースタイルもグランジスタイルも大好物なので、その70sと90sの両方を楽しめる作品でした。

また、今となっては大物のハリウッドスターの新人時代を見れるレアな作品。
是非チェックしてみてください。

出典:https://www.imdb.com/title/tt0106677/?ref_=nv_sr_srsg_0

『バッド・チューニング』を視聴する

今見るからこそ味わい深い90sムービー

以上、今日は90年代のおしゃれでロックな映画特集をお届けしました。

この世代の方や、この時代の音楽が好きな方には結構響く作品ばかりだと思います。

紹介した中で最も古いと91年公開の映画もあったり、今から約30年も昔の作品という事になります。

私が1992年生まれなので、おぎゃーっとこの世に生まれた頃に出来た作品…と考えるとびびりますが、アラサーになった今、こうして当時の作品を紹介している自分。

感慨深い。

色褪せず、世代を超えて受け継がれ、また見るものに感動を与え続ける。

『映画』って、やっぱり素敵ですね。

ABOUT ME
いもり
ただの映画好きなアラサー。主に映画のことを発信しています。一番好きなのは悪趣味胸糞映画。その他ブログのこと、動画編集のこと、いろいろ書いてます。あとイカれた激辛料理が大好きです。詳しいプロフィールはこちら