旅行

タイ・カンボジアに行ったら格安でハイグレードなホテルに泊まれたお話

先月、3泊4日でタイとカンボジアに旅行に行ってきました。
その時に泊まったホテルがとにかく最高すぎたのでシェアしたいと思います。

日本のホテルもきれいなところは多いし、ホスピタリティは他の国と比較しても群を抜いて高いイメージですが、如何せん日本はコストが高い。ただタイやカンボジアは、日本では考えられないくらいのコストパフォーマンスで、ハイグレードなリゾートホテルに泊まれちゃいます。

タイ・バンコク【Akara Hotel Bangkok】

まずは、タイ・バンコクにある「アカラホテル」です。

2018年に出来たばかりの新しいホテルです。

おすすめポイント

広々としたベッドルームとおしゃれで映え効果抜群のバスルーム
・フィットネスやバー完備の充実した施設
・美味しい朝食ビュッフェとバンコクの街並みが一望できる屋上プール

部屋に入った瞬間、まず目を引かれたのがバスルーム。このホテルで一番心惹かれた部分かもしれません。

大理石の床はとても高級感があり、丸いバスタブも広々としています。
寝室とを隔てるのは全面ガラスで、丸見えですが一応カーテンがあるのでご安心を。

ホテル独自のシャンプーやボディーソープが置いてあったのですが、シンプルかつ高級感のあるデザインで(例えるとイソップのような)置いてあるだけでおしゃれでした。

屋上にはプライベートプールもあり、バンコクの街並みを贅沢に一望できます。

しかもこのプール、レストランのあるフロアのテラスにあるので、美味しい朝食ビュッフェを楽しんだ後、もしくは楽しむ前に少し泳いだり・・・なんて優雅なことが実現できてしまうのです。

気になるお値段はスーペリアキングルーム(日本でいうダブルサイズ)12,000円ほど。
ちなみに朝食付きでのお値段になります。

私は旦那さんと二人で行ったので、一人当たり6,000円ほどになります。

都内で同じようなグレード、かつ朝食付きのプランを予約したら2人で30,000円ぐらいは余裕でかかってしまいます。バンコクなら同じグレード、もしくはそれ以上のグレードのホテルに破格の値段で宿泊することが可能になります。

カンボジア・シュムリアップ【Khmer Mansion Residence】

お次に紹介するのは、カンボジアのシュムリアップ地区にある「クメールマンションレジデンス」です。

ここはもう、カンボジアに来たら絶対に利用してほしい一押しのホテルです。

おすすめポイント

・自分がセレブだと勘違いしそうなくらいのおもてなし
・シュムリアップの中心部にも近い便利な立地
・信じられないほどのコストパフォーマンス

クメールマンションレジデンスは、カンボジア旅行に行く人たちの間でもかなり定評のある人気のホテルです。

ホテルのあるシュムリアップという地区自体は、パブストリートといわれる繁華街以外、「ザ・発展途上国」といった感じの街並みなのですが、そういった外からは想像もできないようなリゾート感に浸れるのがクメールマンションレジデンス最大の魅力です。

エントランスはこのような感じ。施設内に入ったらすぐにレモングラスやハーブのさわやかな香りがしてきて、既にもうリラックス気分でした。

ホテル予約時に、オプションとしてウェルカムドリンクを追加していたのですが、これが最高に自分はセレブだと勘違いさせられました。無料なので、とことん贅沢気分を味わいたい!という方には絶対的におすすめです。

ウェルカムドリンクを楽しみながら、スタッフの方が丁寧に施設の説明をしてくれます。止めに入ろうかと思うほど隅から隅まで説明してくれたので、申し訳ないほどでしたw

お部屋はこんな感じ。

黄色を基調とした可愛すぎるインテリア、床や壁もデザイン性にあふれていて、存分にリゾート気分を味わうことができます。

因みに部屋の真ん前にはプールと、その向かいにはレストランがあります。

ホテル内で1日過ごしても十分楽しめますが、シュムリアップの繁華街パブストリートにもすぐ行くことができます。

因みに、出かけたいときはスタッフの方に声を掛ければ秒でトゥクトゥクを呼んでくれます。

パブストリートもお土産屋さんや飲食店が立ち並んでいて、たくさんの観光客で賑わっていました。夜になるとストリート全体がライトアップされ映えスポットにもなるので、シュムリアップに行ったら是非行くべき場所です。

 

気になるお値段ですが、定員3人までいけるキングベッドのスイートルーム、そしてウェルカムドリンクと朝食付き15,000円ほどでした。

このグレードと満足度でこの値段は、コストパフォーマンスが半端ないです。

ちなみにお部屋のグレードを少し下げると5,000円ほどでも宿泊できてしまいます。


魅力しかない東南アジア

魅力にあふれた東南アジア。

もはや「魅力しかない」です。

東京からタイまでは約6時間で行くことができます。因みにカンボジアに関しては2019年10月時点でも直行便は無いため、乗り継ぎをして行くことになりますが、タイからだと1時間もせず着いてしまう近さ。

タイを楽しんだ後カンボジアにもサクッと行っちゃう旅行プラン、おすすめです。

東南アジア圏の旅行を考えている方、ぜひぜひ参考までに。


ABOUT ME
いもり
ただの映画好きなアラサー。主に映画のことを発信しています。一番好きなのは悪趣味胸糞映画。その他ブログのこと、動画編集のこと、いろいろ書いてます。あとイカれた激辛料理が大好きです。詳しいプロフィールはこちら