映画

アメパイのスティフラーが殺人鬼になった『グッド・シリアルキラー』の解説、感想、口コミまとめ(※ネタばれあり)

アメリカン・パイでお馴染みのスティフラーがシリアルキラーになった、心理サスペンス映画『グッド・シリアルキラー』の解説、感想、口コミをまとめました。

一言感想

ショーン・W・スコットの静かで邪悪な怪演が見どころ

こちらの作品はU-NEXTで配信中です。気になる方は是非チェックしてみてください◎

\★U-NEXTなら31日間無料で視聴可能★/

 

 

あらすじ

公立高校でソーシャルワーカーとして働くエヴァンは生徒たちと親身に向きあい、家では妻と子供を労わる良き夫であり父親だった。しかし、幼い頃に父親から虐待を受けた過去を持つ彼は、子供を傷つける親たちに対して異常な嫌悪感を抱いていた。
引用:https://video.unext.jp

概要

◆原題:Bloodline
◆制作年度:2018
◆ジャンル:サスペンス/スリラー/ホラー
◆上映時間:97分

青春エロコメディの金字塔『アメリカン・パイ』シリーズで、おバカキャラを演じていたスティーブ・スティフラーことショーン・ウィリアム・スコットが、今作では歪んだ正義感を振りかざし、冷酷非道な殺人を犯していくシリアルキラーを演じています。

アメリカン・サマー・ストーリー(2001)
出典:https://www.imdb.com/title/tt0252866/?ref_=nv_sr_srsg_2

グッド・シリアルキラー(2018)
出典:https://www.imdb.com/title/tt8883524/?ref_=nv_sr_srsg_3

因みにこちらの作品もブラムハウス・プロダクションズ製作です。全く意識していないのに、惹かれる映画がこぞって同じ製作会社なのも珍しい。

良作多々!米映画製作会社『ブラムハウス・プロダクションズ』の映画がアツい最近個人的に注目している、米映画製作会社『ブラムハウス・プダクションズ』 新旧面白かった映画の製作元を見ると、ブラムハウスだったケ...

監督・キャスト

<監督>
◆ヘンリー・ジェイコブソン

<キャスト>
◆ショーン・ウィリアム・スコット
◆マリエラ・ガリガ
◆デイル・ディッキー
◆ケヴィン・キャロル
◆クリスティー・ハーリング
◆ニック・ボライン

感想(※ネタばれ注意)

ショーン・ウィリアム・スコットの静かで邪悪な怪演

出典:https://www.imdb.com/title/tt8883524/?ref_=nv_sr_srsg_3

個人的に、ショーン・ウィリアム・スコットのイメージは「おバカキャラ」一択で、それはアメリカン・パイでスティフラーというお調子者を長年にわたり演じていたからです。

アメパイ以外で出ている作品も、「ロード・トリップ(2000)」「アダルト♂スクール(2003)」「ぼくたちの奉仕活動(2008)」などのコメディが多かったというのもあるかもしれませんが、久々に見た出演作が、感情の見えない静かで邪悪なシリアルキラーだったので、かなーりびっくり。

本作では、救いようのない内に秘める闇を絶妙に演じきっていて、つくづく俳優さんって凄いんだなぁ…と素人目からしても感じました。

過去の体験から来る『歪んだ正義感』

出典:https://www.imdb.com/title/tt8883524/?ref_=nv_sr_srsg_3

ショーン・ウィリアム・スコット扮する主人公のエヴァン・コールは、高校でソーシャルワーカーとして働く子供たちの良き理解者であり、家庭では出産したばかりの妻を労わる優しく完ぺきな夫でした。

しかし、彼には幼少期父親に虐待を受けていた過去があり、ある日母を襲った父を包丁で殺してしまいます。

その経験こそが彼をシリアルキラーに仕立て上げてしまったわけなんですが、あくまで彼がターゲットにするのは、子供たちを傷つける毒親たちなんですよね。やみくもに殺しをしているわけではなく、彼なりに子供たちを守るという正義感から殺しを行っていたわけです。

ただ、ターゲットたちの死に際のコンフェッションを録音して、それを密かに聴いていた行為から感じ取れたのは、殺しは彼にとって精神安定剤的な役割を果たしていたのかなと感じました。

しかし、なんか見たことある…

こういう類のシリアルキラー……

と、思ったら「デクスター」でした。2006年~2013年まで放送された海外ドラマで、主人公が歪んだ正義感と快楽の為に悪い奴らだけを殺しまくるストーリーなんですが、主人公の表の顔はマイアミ警察の血痕鑑識官というぶっ飛んだ設定なんです。

めっちゃ面白かったのでおすすめ。因みにHuluで視聴可能です。

\★Huluなら2週間無料で視聴可能★/

総合評価

見たことのある設定ではありましたが、良作でした。

冒頭のアンサーシーンには驚き。予想もしていなかった、まさかの展開でした。

エヴァンの母ちゃんも、なかなかぶっ飛んでて良かったです。此の親にして此の子あり、という納得の母ちゃんでした。

出典:https://www.imdb.com/title/tt8883524/?ref_=nv_sr_srsg_3

あと、個人的に映像や挿入曲がすごくスタイリッシュで好感持てました。

他の作品にしてもそうなんですが、ブラムハウスはその辺のディテールまでこだわってるんですよね。また、そのこだわりが絶妙に自分のタイプとマッチしてくるので、好きです。

口コミ

グッド・シリアルキラーのTwitter上での口コミです。

『アメリカン・パイ』シリーズもおすすめ

出典:https://www.imdb.com/title/tt0163651/?ref_=nv_sr_srsg_0

『アメリカン・パイ』とは、1999年~2012年にかけてアメリカで公開された青春コメディ映画です。

童貞を捨てるべく奮闘する主人公と、その取り巻きたちがおバカしまくる様をエロ×下品さ満載で描いている、愛すべき青春エロコメディの金字塔です。

全米でも大ヒットを記録しており、第8作まであります。未見の方は、この機会に是非。

ショーン・ウィリアム・スコットの俳優としての幅広さを感じれること間違いなし。

アメリカン・パイ
アメリカン・サマー・ストーリー
アメリカン・パイ3:ウィディング大作戦
アメリカン・パイinバンド合宿
アメリカン・パイinハレンチ・マラソン大会
アメリカン・パイ in ハレンチ課外授業
アメリカン・パイ in ハレンチ教科書
アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会

ABOUT ME
いもり
ただの映画好きなアラサー。悪趣味胸糞映画が一番好き。ブログは映画の記事多めですが、その他にも色々と好き勝手書いている雑記ブログです。文才はありません。激辛料理が好き。最近スリランカカレーにハマってます。