映画

良作多々!米映画製作会社『ブラムハウス・プロダクションズ』の映画がアツい

最近個人的に注目している、米映画製作会社『ブラムハウス・プダクションズ』

新旧面白かった映画の製作元を見ると、ブラムハウスだったケースがなんか地味に多くて、最近レビューを書いた映画作品もよくよく調べるとブラムハウスでした。

グレードアップしたデスループ再び!『ハッピー・デス・デイ 2U』の解説、感想、口コミまとめ(※ネタばれあり)死の誕生日が繰り返される、地獄のようなタイムループホラーの第二弾 『ハッピー・デス・デイ 2U』 一言感想 ...
ホラー映画「ハロウィン」シリーズの見る順番はコレ!年代別まとめブギーマンの愛称で知られるマスク姿の殺人鬼が、無差別に殺人を犯していくホラー映画 『ハロウィン(HALLOWEEN)』 出典:htt...

気になったので、いろいろ調べてみました。

ブラムハウス・プロダクションズとは

出典:https://www.imdb.com/title/tt5308322/?ref_=fn_al_tt_1

ブラムハウス・プロダクションズ(Blumhouse Productions)は、映画プロデューサーのジェイソン・ブラムによって設立されたアメリカの映画・TV製作会社です。設立者であるジェイソン・ブラムは、数々のヒット作に携わった敏腕映画プロデューサーとしてハリウッドでも名高き存在のようです。

手掛ける映画作品はホラー映画が多く、代表的な作品だと「パラノーマル・アクティビティー」や、最近だと「ハッピー・デス・デイ」「ハロウィン(2018)」など。また、ホラー映画のみならず、「ブラック・クランズマン」などのドラマ映画にも携わっています。映画作品に関しては、次の項目にてより詳しく記述します。

またブラムハウスは、2014年に米大手映画配給会社のユニバーサル・ピクチャーズとの10年契約を結んでいます。

ブラムハウス・プロダクションズの映画作品一覧

ブラムハウス・プロダクション(ジェイソン・ブラム)がこれまでに製作/製作総指揮をした映画作品一覧をまとめました。尚、日本未公開の作品は除外しています。(※2021年1月時点)

年代 邦題 原題 備考
2003 イージー・シックス Easy Six 製作
2006 ダーウィン・アワード The Darwin Awards 製作
2007 パラノーマル・アクティビティ Paranormal Activity 製作
2010 パラノーマル・アクティビティ2 Paranormal Activity 2 製作
2010 インシディアス Insidious 製作
2010 妖精ファイター Tooth Fairy 製作
2011 パラノーマル・アクティビティ3 Paranormal Activity 3 製作
2012 パラノーマル・アクティビティ4 Paranormal Activity 4 製作
2012 フッテージ Sinister 製作
2012 ロード・オブ・セイラム The Lords of Salem 製作
2012 ザ・ベイ The Bay 製作
2012 ベイビー・メイク 私たちのしあわせ計画 The Babymakers 製作
2013 ダークスカイズ Dark Skies 製作
2013 インシディアス 第2章 Insidious:Chapter 2 製作
2013 インサイド・ミー Plush 製作
2013 グリーン・インフェルノ The Green Inferno 製作総指揮
2013 オキュラス/怨霊鏡 Oculus 製作総指揮
2013 パージ The Purge 製作
2014 パラノーマル・アクティビティ/呪いの印 Paranormal Activity: The Marked Ones 製作
2014 13の選択 13 Sins 製作総指揮
2014 パージ:アナーキー The Purge: Anarchy 製作
2014 セッション Whiplash 製作
2014 ジェサベル Jessabelle 製作
2014 呪い襲い殺す Ouija 製作
2014 鮮血ピエロの惨劇 Mockingbird 製作
2014 クレイジー・ドライブ Stretch 製作
2014 スティーブン・キング 血の儀式 Mercy 製作
2014 クリープ Creep 製作
2014 アンフレンデッド Unfriended 製作総指揮
2015 フッテージ デス・スパイラル Sinister2 製作
2015 ジェニファー・ロペス 戦慄の誘惑 The Boy Next Door 製作
2015 サバイバル・ドライブ Curve 製作
2015 ラザロ・エフェクト The Lazarus Effect 製作
2015 ヴィジョン/暗闇の来訪者 Visions 製作
2015 ザ・ギフト The Gift 製作
2015 パラノーマル・アクティビティ5 Paranormal Activity: The Ghost Dimension 製作
2015 ヴィジット The Visit 製作
2015 死霊高校 The Gallows 製作
2016 ジェシカ・アルバ ヘブンズ・ベール 死のバイブル The Veil 製作
2016 サイレンス Hush 製作
2016 インフィニット Sleight 制作総指揮
2016 ダークネス The Darkness 製作
2016 ドクター・エクソシスト Incarnate 製作
2017 スプリット Split 製作
2017 ゲット・アウト Get Out 製作
2017 ステファニー 死体と暮らす少女 Stephanie 製作
2017 ハッピー・デス・デイ Happy Death Day 製作
2017 アミティヴィル:ジ・アウェイクニング Amityville: The Awakening 製作
2018 ベンジー Benji 製作
2018 グッドシリアルキラー Bloodline 製作
2018 ブラック・クランズマン BlacKkKlansman 製作
2018 インシディアス 最後の鍵 Insidious: The Last Key 製作
2018 トゥルース・オア・デア 〜殺人ゲーム〜 Truth or Dare 製作
2018 パージ:エクスペリメント The First Purge 製作
2018 アンフレンデッド: ダークウェブ Unfriended: Dark Web 製作
2018 アップグレード Upgrade 製作
2018 ハロウィン Halloween 製作
2019 ハッピー・デス・デイ 2U Happy Death Day 2U 製作
2019 マー -サイコパスの狂気の地下室- Ma 製作
2019 ドント・レット・ゴー -過去からの叫び- Don’t Let Go 製作
2019 ブラック・クリスマス Black Christmas 製作
2020 ファンタジー・アイランド Fantasy Island 製作
2020 透明人間 The Invisible Man 製作
2020 ザ・ハント The Hunt 製作
2020 レフト -恐怖物件- You Should Have Left 製作
2020 ブラック・ボックス Black Box 製作総指揮
2020 ノクターン Nocturne 製作
2020 ザ・スイッチ Freaky 製作
2020 ハロウィン・キルズ Halloween Kills 製作

コレを見れば間違いない、ブラムハウス発おすすめ映画

とはいえ、私も全作品見たわけではないのですが。私がこれまで見た中で、面白かったものをいくつかご紹介します。

フッテージ

✔見どころ

作家のエリソン(イーサン・ホーク)が一家で越してきた訳あり物件を舞台に、屋根裏部屋に残された8ミリフィルムの謎と恐怖にとらわれていく様を描く。

内容的にはホラー×サスペンス×オカルトの要素ありです。映像や音楽、全てにおいて完ぺきに雰囲気が作りこまれていて、思わずトイレに行くのが怖くなるようなホラー映画。8ミリフィルムの荒い映像が特に気持ち悪かったです。

グリーン・インフェルノ

✔見どころ

不正な森林伐採の現状を暴くために赴いたアマゾンの奥地で、学生たちを待ち受けていたのはなんと食人族だった…ホステルシリーズのイーライ・ロスが放つ阿鼻絶叫な世界観に絶句必至。

究極の変態映画……トラウマも良いところです。何度目を背けたくなったか…でも嫌いじゃない。とにかく惨い、エグい、グロいです。ガチで覚悟してみないと、精神的にめちゃくちゃダメージの来る強烈な作品です。

セッション

✔見どころ

名門音楽学校へ入学しジャズドラマーを目指す青年(マイルズ・テラー)が、すさまじいスパルタ指導をする鬼教師(J・K・シモンズ)に死にもの狂いで食らいつく姿を描く。

音楽ドラマですがサイコスリラーレベルでJ・K・シモンズが恐ろしい見ている自分が怒鳴られているような、そんな気分になります。そこまで思わせる彼の怪演は本当に素晴らしいです。マイルズ・テラーに関しては、ジャズドラマーを演じるために2か月間1日3~4時間ものドラムレッスンを続けたようです。劇中でちら見えする手の出血はマイルズ本人のものらしく、とことん俳優魂を感じる作品でした。

ゲット・アウト

✔見どころ

アメリカ社会に根深く残る人種差別をテーマにしたスリラー映画。白人の恋人と共に彼女の実家を訪れたアフリカ系アメリカ人の青年が、そこで想像を絶する壮絶な体験を強いられる。

気味の悪い、奇妙な怖さを感じる映画でした。彼女の家に行ったらめちゃくちゃ歓迎してくれたけど、ふと周りを見渡すと黒人の使用人がいることに違和感を感じる…。個人的には家政婦の女性がかなり怖かったです。感情を失ったかのような作り笑いをしながら流す大粒の涙。やばいフラグ、ビンビンでした。アメリカの映画評論サイトRotten Tomatoes(ロッテン・トマト)で、批評家支持率99%という高評価をたたき出している、大ヒットを記録したこの作品。人種差別で世界が湧いている今、このタイミングで見るにはタイムリーな良作です。

ハッピー・デス・デイ

✔見どころ

マスクを被った人物に殺され続ける誕生日が無限ループするタイムループホラーコメディ。

見ないと勿体ないレベルで個人的に猛プッシュ中の作品。ホラーなんですが、ポップでキャッチ―な展開に終始ワクワクしながら鑑賞しました。そして主人公演じるジェシカ・ローテがとにかく可愛い。この映画をみてから彼女の虜になりました。必見です。

≫詳細レビュー記事はこちらから

ハッピー・デス・デイ 2U

✔見どころ

死の誕生日が繰り返されるタイムループホラーコメディ第二弾。

前作同様にお馴染みのスタッフ&キャストで製作された続編です。前回無事にループが終わったと思っていた矢先に再度始まる地獄の誕生日ループ。続編は新たなキャラクターや、SF要素も加わって、更にパワーアップしています。主演のジェシカ・ローテの神掛かった顔芸に注目してほしいです。

≫詳細レビュー記事はこちらから

ハロウィン

✔見どころ

殺人鬼ブギーマンがハロウィンの夜に悪夢を起こす傑作ホラー。

1978年の第一作目から40年後を描いたストーリー。無慈悲・無差別に殺しまくるブギーマンことマイケル・マイヤーズに終始ビビりながら鑑賞しました。背後に忍び寄る影が恐ろし過ぎて緊張感がえげつない。これぞホラー映画!って感じです。先の読めない展開にハラハラしつつも、爽快感MAXのエンディングに救われます。

≫シリーズまとめ記事はこちらから

ABOUT ME
いもり
ただの映画好きなアラサー。悪趣味胸糞映画が一番好き。ブログは映画の記事多めですが、その他にも色々と好き勝手書いている雑記ブログです。文才はありません。激辛料理が好き。最近スリランカカレーにハマってます。