ヘルスケア

~服用から約2年経過~低用量ピルの基礎知識についてまとめてみた

気付けば、ピルを飲みはじめて2年くらいたっていました。

ピルを貰いに定期的にクリニックへ通っているのですが、毎回思うのはいつも凄く混んでいるんですよね。

私の周りにはあまり服用している方っていないんですが、知らないだけで実は結構飲んでる人っているのかなとか思ったり。

ピルって副作用などのデメリットもありますが、それ以上のメリットがあると個人的には考えています。

もしこれからピルの服用を考えている方がいたら、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

低用量ピルとは?

低用量ピルとは、1日1錠決まった時間に服用することで排卵を抑制し、子宮内膜の増殖を抑える効果のある錠剤です。コンドームよりも高い避妊効果がある為、用法容量を守ってしっかり服用することで、望まない妊娠を防ぐことが出来ます。
※低用量ピル=OC(Oral Contraception)、経口避妊薬 とも呼ばれます。

私はかれこれ2年間低用量ピルを服用していて、主に避妊目的で服用しています。

使用用途は人それぞれですが、大多数は避妊目的で服用されている方が多いかと思われます。

主な種類について

低用量ピルといっても色々と種類はあるのですが、基本的に含まれる女性ホルモンの違いや販売開始時期によって分類されます。

今回は、自分が服用しているもの+クリニックで個人的によく見かけるものをご紹介します。

トリキュラー

<主な有効成分>
・レボノルゲストレル(黄体ホルモン)
・エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)

マーベロン

<主な有効成分>
・デソゲストレル(黄体ホルモン)
・エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)

ヤスミン

<主な有効成分>
・ドロスピレノン(黄体ホルモン)
・エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)

ヤーズ

<主な有効成分>
・ドロスピレノン(黄体ホルモン)
・エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)

ダイアン

<主な有効成分>
・酢酸シプロテロン(黄体ホルモン)
・エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)

21錠タイプと28錠タイプがある

低用量ピルには、21日間服用するタイプと、28日間服用するタイプの2種類があります。

21錠タイプ
⇒1シートに有効成分(ホルモン剤)の含まれる錠剤が21錠入っています。21日間服用して7日間服用をお休みし、次のシートをまた飲み始める感じです。

28錠タイプ
⇒1シートに有効成分(ホルモン剤)の含まれる錠剤が21錠+偽薬(有効成分の含まれていない錠剤)が7錠入っています。偽薬を服用する意味は飲み忘れ防止です。

上記2種類ありますが、効能は変わらないのでお好みで選ぶ感じですね。

私は忘れっぽいので28錠タイプをずっと服用しています。

どんな効果が得られるの?

ピルを服用することで期待できる効果は下記です。

ピルの効果

避妊ができる
PMSや生理痛を軽減できる
ホルモンバランスが整って肌荒れが改善する
生理周期を整えられる
生理をコントロール出来る
子宮内膜症が治る

1番はやはり信頼できる避妊効果ですね。(※正しく服用し続ければですが)

服用目的で避妊の次に多いのは生理痛の軽減ですかね。私もかなり重い生理痛持ちだったのですが、ピルを飲み始めてからは特に悩むこともなくなりました。

避妊効果ってどれくらい?

ゴムでの避妊に比べて、ピルはほぼ100%の確立で避妊効果を期待できます。

ただ、頻繁に飲み忘れたりしてしまうと効果が下がってしまうので注意が必要です。

私はこの2年間で1回だけ飲み忘れてしまったことがあるのですが…それ以外は毎日決まった時間に必ず1錠服用するようにしています。

最初は忘れがちになってしまうので、アラームをかけるなどしてルーティン化を強制させるのもおすすめです。

もしピルを飲み忘れてしまったら下記を参考にしてみてください。

・1錠飲み忘れた場合(1日忘れ)
⇒気付いたタイミングで1錠服用+その日分のピルも通常通り服用=計2錠服用する。
・2錠飲み忘れた場合(2日忘れ)
⇒気付いたタイミングで2錠服用。翌日から通常通り1錠ずつ服用する。
・3錠飲み忘れた場合(3日忘れ)
⇒3日以上服用を忘れた場合は避妊効果が下がる確率が高くなってしまっている状態の為、かかりつけの病院があれば担当医に相談する。

低容量ピルの副作用について

いずれも飲み始め1~2か月くらいに起きる副作用です。

ピルの副作用

・肌トラブルが起きる
・胸のはりや全身のむくみが出る
・吐き気や頭痛、発熱などの体調不良が起きる
・不正出血が起きる

個人差がありますので、全く副作用が出ない方もいます。

因みにですが私は顔~首にかけてのかゆみが2週間~3週間ほど出ました。

果たしてあれはピルの副作用だったのか?正直定かではないのですが…明らかに飲み始めてからかゆみが出てきたので、今思うとおそらくそうだったのかなと思います。

上記で紹介したようにピルには色々な種類があるので、副作用が酷く出た場合はお医者さんに相談して別のピルを試してみるのをおすすめします。

低容量ピルを服用する際の注意点

定期的に血液検査が必要
喫煙者は血栓症のリスクが高くなる

血栓症(けっせんしょう)とは血管内に血栓が形成され、循環系における血流が閉塞するヒトの病態である。 参考:Wikipedia

ちょっと怖い話にはなるのですが、1万人に一人の確率で血栓症を起こす可能性があるそうです。その為にも定期的な血液検査は必須です。

特にタバコとピルの相性はかなり悪いので、ピルを服用するのであれば禁煙したほうが絶対に良いですね。

どこで買えるの?

病院もしくは通販で購入可能です。

「低用量ピル クリニック」

とかで検索すれば、いくつか最寄りで候補が出てくるかと思います。

何らかの理由で病院に行きにくい方や、いつもは行ってるけど時間がない方などは当記事で紹介した商品リンクから通販サイトに飛べます。

因みに値段に関して、種類にもよりますが1シート2,000円~3,000円とかで購入できます。

まとめ

メリット・デメリットありますが、望まない妊娠を防ぐにはピルは1番信頼できる避妊薬です。

最初はやはり病院に行くのをおすすめします。定期的に服用するようになったら通販を利用するのもありだと思いますが。

もし服用するのであれば、半年に1回の血液検査はマストです。検査結果によっては、病院から処方してもらえない可能性があるので、その際はお医者さんの指示に従い無理せず服用を止めましょう。

以上、今日は低用量ピルに関する基礎知識についてまとめてみました。

ピルの服用を考えている方にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
いもり
ただの映画好きなアラサー。主に映画のことを発信しています。一番好きなのは悪趣味胸糞映画。その他ブログのこと、動画編集のこと、いろいろ書いてます。あとイカれた激辛料理が大好きです。詳しいプロフィールはこちら