ドラマ

若年性アルツハイマーの苦悩と葛藤『アリスのままで』の解説、感想、口コミまとめ(※ネタばれあり)

若年性アルツハイマーを患った言語学者の苦悩と葛藤を描いた感動作『アリスのままで』

一言感想

ジュリアン・ムーアの演技力に脱帽

2014年に公開され、ジュリアン・ムーアが助演女優賞を受賞した話題作『アリスのままで』の解説、感想、口コミをまとめてみました。

こちらの作品はU-NEXTで配信中です。気になる方は是非チェックしてみてください◎

\★U-NEXTなら31日間無料で視聴可能★/

あらすじ

言語学者のアリス・ハウランドは、医師である夫ジョンと3人の子どもと充実した人生を送っていた。しかし、ある日からアリスには、単語が出てこなくなる、道に迷うなどの症状が出現し始めた。アリスは医師から若年性アルツハイマー病と診断される。アリスと家族の苦悩が始まった。
引用:https://ja.wikipedia.org

概要

◆原題:Still Alice
◆制作年度:2014年
◆ジャンル:ドラマ
◆上映時間:101分

本作は主演のジュリアン・ムーアアカデミー賞で主演女優賞を受賞し話題となりました。

また、監督のリチャード・グラツァー自身もALSという難病を患いながらこの映画の撮影を行っていたとの裏話があります。映画公開の翌年2015年3月10日、4年間の闘病の末ALSにより逝去しています。

出典:https://www.imdb.com/title/tt3316960/?ref_=fn_al_tt_1

この映画が監督最後の作品だったんですね。

監督・キャスト

<監督>
◆リチャード・グラツァー

<キャスト>
◆アリス・ハウランド: ジュリアン・ムーア
◆ジョン・ハウランド: アレック・ボールドウィン
◆リディア・ハウランド: クリステン・スチュワート
◆アナ・ハウランド=ジョーンズ: ケイト・ボスワース
◆トム・ハウランド: ハンター・パリッシュ
◆チャーリー・ジョーンズ: シェーン・マクレー

感想(※ネタばれ注意)

言語学者が言葉を失う恐怖

出典:https://www.imdb.com/title/tt3316960/?ref_=fn_al_tt_1

言語学者として、長年に渡り順調で輝かしいキャリアを歩んできたアリス。

50歳の節目を迎えた頃から、何か自分にとって良くないことが起こり始めていると気付くんですね。

言語学者でありながら言葉が閊えて出てこなかったり、忘れっぽかったり。日課のランニング中に、自分が今どこにいるのかさえも分からなくなってしまう程、病は進行していました。

出典:https://www.imdb.com/title/tt3316960/?ref_=fn_al_tt_1

「まさか自分が…」

認めたくないと強く抗いながらも、勇気を振り絞って夫と病院に行った結果、「若年性アルツハイマー」という診断結果を告げられました。

「自分が自分じゃなくなってしまう」

「アリスでいられる最後の1年」

そこから、アリスの苦悩と葛藤に満ちた生活が始まります。

ジュリアン・ムーアの圧巻の演技

この映画は、特別派手な描写はなく、静かにゆっくりと話が進んでいく作品です。

それが逆にリアルで、むしろその雰囲気作りが、ジュリアン・ムーアの演技をより際立たせていたように感じます。

家のトイレの場所さえもわからなくなってしまったアリスは、結局間に合わず漏らしてしまうというシーンがあるのですが(※そのシーンの動画⇩)

その時のジュリアン・ムーアの表情が本当に忘れられません。

悔しさ

怒り

羞恥心

悲しみ

絶望

全ての感情が一気に感じ取れて、もう涙無しでは見れないくらい圧巻の演技でした。

言わずもがなですが、凄い女優さんなんだな~と、再確認。

総合評価

そもそもこの映画を見たきっかけは、クリステン・スチュワートが出てるからという理由だけだったのですが、そっちよりもジュリアン・ムーアに夢中になってる自分がいました。

中性的なジェンダーレスイケメン!クリステン・スチュワートの映画出演作品一覧まとめ【2021年1月時点】トワイライト女優として有名なクリステン・スチュワート(Kristen Stewart)。 中性的な顔立ちやイケメン過ぎる立ち振る舞...

そのくらい素晴らしかった。

文句の付け所がない傑作です。

口コミ

アリスのままでのTwitter上での口コミです。

さいごに

前述したように、クリステン・スチュワート目当てで見たのがきっかけだったのですが、彼女も良い役どころでした。

アリスの子供3人の中で、一番アリスを特別扱いせず、「アリスのままで」いられるようなコミュニケーションの取り方をしていたのは、クリステン扮するリディアだけでした。

思いっきり喧嘩して、泣いて、笑って、とことん本音でぶつかりあって。

それがリディアなりの気遣いであり、母に対する最大の敬意だったのかなと感じました。

以上全部ひっくるめて、この映画は間違いなくお勧めできる傑作です。

是非、沢山の人に見て欲しい作品ですね。

ABOUT ME
いもり
ただの映画好きなアラサー。主に映画のことを発信しています。一番好きなのは悪趣味胸糞映画。その他ブログのこと、動画編集のこと、いろいろ書いてます。あとイカれた激辛料理が大好きです。詳しいプロフィールはこちら